--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.1219:50

与党3党、会期延長も選択肢 (産経新聞)

 与党3党は6日の国会対策委員長会談で、郵政改革法案など重要法案の今国会成立を確実にするため、6月16日までの今国会の会期延長も選択肢の一つとして検討していくことで一致した。

 会談で社民党の照屋寛徳国対委員長が「残った法案の審議状況をみると会期延長も視野に入れるべきだ」と言及。民主党の山岡賢次国対委員長も一定の理解を示した。

 会期延長がなければ、公職選挙法の規定で「6月24日公示、7月11日投開票」となるが、会期を2日間以上延長すれば、投票日は7月18日以降になる。

【関連記事】
「赤字国債増やすだけ」 中田氏、郵政改革で亀井氏を痛烈批判
「郵政改革は法案作成過程で議論を」 岡村正日商会頭
“集票マシン”だ!亀井氏、2000万円で100万票ゲット
郵貯上限限度額、引き下げに慎重 大塚副大臣
地銀など戦々恐々 ゆうちょ銀が住宅ローン本格参入?
「中国内陸部の資源事情とは…?」

AmazonからYouTubeから直接ツイッターを利用できる「@anywhere」
<国民新党>11兆円超の追加経済対策を要請(毎日新聞)
首相動静(4月10日)(時事通信)
「なぜ差し戻し」「無罪に光」=弁護団、最高裁決定に表情複雑-名張毒ぶどう酒事件(時事通信)
佳子さま 高等科の入学式に出席(毎日新聞)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。