--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.0615:56

<東海地方>仕事始めに知事ら「活力取り戻そう」(毎日新聞)

 仕事始めの4日、官公庁や多くの企業で今年の業務が始まった。地方自治体は、出口の見えない景気低迷から税収の落ち込みが懸念されるのに加え、政権交代による地方への影響も小さくない。東海3県の知事らは職員に対し、これまでの視点を切り替え、新たな発想での取り組みを求めた。【月足寛樹、山田尚弘、岡大介、岡崎大輔】

 ◇愛知  

 愛知県の神田真秋知事は、約400人の幹部職員を前に恒例となった書き初めを披露。「捲土(けんど)重来」と記し、「日本一元気な愛知と言われた活力を取り戻すきっかけにしたいとの願いを込めた」と話した。

 また、「COP10(生物多様性条約第10回締約国会議)やトリエンナーレ(芸術祭)を成功させたい」と述べ、職員に協力を求めた。

 ◇岐阜  

 岐阜県庁では古田肇知事が幹部職員約250人を前に訓示。職員への給与カットを提案していることを挙げ、「心苦しいが、新年度予算編成や行財政改革アクションプランの策定など取り組む課題は多い。こんな時こそ、斬新な視点を持って仕事に取り組んでほしい」と訴えた。

 ◇三重 

 三重県の野呂昭彦知事も職員300人を前にあいさつ。「経済、社会のひずみが大きくなる中、国民のチェンジを求める思いが政権交代につながった」と昨年を振り返り、「新政権への評価はまだ早いが、国民が希望を持ち、安心して暮らせる社会にしていかないといけない」と述べた。

 ◇名古屋  

 名古屋市役所では河村たかし市長が幹部職員ら約200人を前にあいさつし「国は増税のような流れもあるが名古屋市は減税。いかに名古屋の政治が素晴らしいか胸を張っていただいていい。公務員として、十分な仕事をしとると思って歩いてください」と激励した。

 今年は議会改革を市政の柱に据え、地域委員会もモデル実施される。「歴史に残る市役所をどう作っていくか、職員の皆さんからも提案してもらいたい」と述べた。

【関連ニュース】
万能川柳:金貸したヤツの賀状にほっとする
万能川柳:デパートに売るほど福があったかな
寒中水泳:1年の健康祈り 古式泳法「山内流」披露--臼杵 /大分
ゾウ:書き初めに挑戦--フェニックス自然動物園 /宮崎
県西部新春書き初め秀作展:26点が特別賞 /埼玉

NIKKI
就職までのみちのり
クレジットカード現金化 比較
無料ホームページ
パチンコ攻略
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。